• スクール・スポーツ施設
  • ミズノ公式オンラインショップ
  • CLUB MIZUNO
  • 取扱店情報
  • 企業情報
  • Global

MIZUNO 明日は、きっと、できる。

quad

時代の要求を捉え、 生まれ変わったミズノの最高峰シャフト。

quad 2006年発売
2006年発売
quad 2008年発売
2008年発売

ボールを遠くに、そして正確に飛ばすために、シャフトの働きは非常に重要な役割を担っています。ご存知のようにゴルフクラブのシャフトはスイング中に大きくしなりますが、そのしなりが戻ろうとする力によってゴルファーのパワーをヘッドに伝達しています。しかし、シャフトがしなった際に真円形のシャフトが楕円形につぶれてしまうと、当然そこにエネルギーロスが生じ、またクラブの操作性を悪くする要因にもなりかねません。シャフトとして充分なしなり量を備えつつ、つぶれに対する強度を高めること。そのようなコンセプトから2006年に開発されたのが、ミズノのQUADです。

シャフト構造図-四軸層
弾く-つぶれない


QUADシリーズの共通した特長は、縦・横・左右斜めの四方向にカーボンファイバーを織り込んだ四軸層に、リングを連ねたようなフープ層を装着したバネシャフト構造。
これにより「しなりやすさ」と「つぶれにくさ」という相反する要素を両立し、インパクト時のエネルギーロスを最小限に抑えようとするものです。

新しいQUADでは、クラブの長尺化・ヘッドの大型化というニーズが高まる時代の流れを捉え、
四軸テクノロジーの効果的な配置を改めて検証。
つぶれに対する強さをシャフト先端部に配置することで、長尺クラブや大型ヘッドであってもシャフトの挙動を安定させ、ヘッドスピードを一段と加速させることに成功しました。
しかも、クラブの操作性をいっそう高めるために、シャフトの余分な樹脂量も徹底して削減。
アスリートのごとくシェイプされた無駄のないボディが、先端四軸テクノロジーとの相乗効果で、
よりシャープな打感と力強い弾道、さらなる飛距離アップを実現させます。

全国のフィッティングセンターなどから収集した現場の声、ゴルファーの要望を設計にフィードバックし、つねに進化を遂げていくQUAD性能。
今回このニューモデルが誕生するまでに、いったいどのような開発背景があったのでしょうか。ミズノのシャフト開発を担当している木村輝之に話を聞いてみました。


性能の裏側に隠された、シャフト専業メーカーに負けない開発力。

新しくなったQUADの大きな特徴は?

木村輝之
開発担当の木村輝之
四軸層
四軸シート材

いま時代の流れがクラブの長尺化、ヘッドの大型化という方向に向かっていますよね。

そのような声にお応えするために四軸層の配置を見直し、

さまざまな検証結果から今回はシャフトの先端部に四軸層を持ってきたんです。

インパクト前後でシャフトが暴れないように。


素材の配置などはどのように決めるのですか?

ロボットテスト
ロボットテスト
ロボットテスト
実打テスト

ミズノ独自のShaftoolというプログラムを使って、

どの材料をどこに使えばEI分布がどうなるか…などを事前に予測し、

試作品開発と実打テストを何度も繰り返して最終仕様を決定しています。


シャフトの樹脂量も大幅に削減されたとか?

樹脂量が少ない樹脂量が多い

そうですね。我々はアスリートボディと呼んでいますが、

これは操作性アップや力強い弾道を生むだけでなく、

振動が減衰しにくいので打感が伝わりやすいという効果もあります。

※丸く見えるのが、炭素繊維となります。周りの部分が樹脂


その他に開発でこだわったポイントは?

養老工場
ミズノテクニクス外観
 
芯棒

ミズノは海外にもシャフトの生産拠点を持っているのですが、

QUADはミズノの最高峰シャフトですので、

やはりメイド・イン・ジャパンでいこうと。国内生産なら設計も緻密にできますし、

なにより高い品質が確保できますから。


QUADはミズノテクニクス製ですよね?

作業風景
芯棒への巻きつけ作業
作業風景
検査作業

はい。世間ではミズノのカーボンシャフトはOEM製だと勘違いされている方もおられるようですが、そんなのウソですよ(笑)。

ミズノはQUADに限らず全カーボンシャフトが国内あるいは海外の自社工場で開発・製造されたもの。その検証も含めてすべてを自社内で行っていますから、品質面では絶対的な自信があります。


開発者から見たミズノ製シャフトの良いところは?

自社開発

単に自社で開発・製造しているというだけでなく、

フィッティング店などから得た膨大なデータをもとにまた新しいシャフトを開発・製造していく、

そのサイクルによってつねに高いシャフト性能を生み出している部分でしょうか。

ヘッドを含めて企画から販売まで携わるメーカーなんてミズノだけじゃないですかね。

本当にシャフト専業メーカーに負けない開発力があると自負しています。


QUADはどんなゴルファーに向いていますか?

QUADナビゲーションマップ

あらゆるスイングを想定したラインナップを揃えていますので、

どんなゴルファーにも対応できますよ。

長尺化・大型化に対応…と謳っていますが、

長尺クラブではない方にも当然おすすめです。

ただ、どのヘッドに合うかと聞かれれば、

ミズノのヘッドで性能を検証していますので、

最も相性がいいのはもちろんミズノ製ですけど。

これじゃ宣伝になっちゃいますね(笑)。




幅広いゴルファーに適合する、ラインナップの豊富さも魅力。

quad

NEW QUADのバリエーションは、

先端のしなりが大きいBUTT STIFF(レッド)、

全体しなりのBUTT STANDARD(グリーン)、

手元のしなりが大きいDUAL ACTIVE(イエロー)の3タイプ。

カラーリングも前作は半面シルバーのツートンカラーだったものを全面カラーに変更し、

性能の違いが見た目にはっきりと視認できるデザインとしました。

もちろん、それぞれのタイプでシャフトの重さやフレックスも選択可能。

レディースからハードヒッターまでゴルファーを選ばず、

あなたのスイングに合った最良の1本がお選びいただけます。

長きにわたって蓄積し続けてきたシャフトテクノロジーの粋を結集して生まれた、ミズノの最高峰モデル。NEW QUADのポテンシャルは、あなたが秘めた本当の飛びの実力を、存分に引き出してくれるはずです。


QUAD5 50g台

※ヘッドスピード、スイングテンポはRフレックスを目安に表記しています。

QUAD6 60g台

※ヘッドスピード、スイングテンポはSRフレックスを目安に表記しています。

QUAD7 70g台

※ヘッドスピード、スイングテンポはSフレックスを目安に表記しています。

クワッド5 バットスティッフ

■クワッド5バットスティッフ

ボールのつかまりが良く、シャフトの戻りを体感できる軽量バットスティッフタイプ。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
SR 53g 4.3 かため 標準
R

●ヘッドスピード:37〜40m/s
●スイングテンポ:4〜6

クワッド6 バットスティッフ

■クワッド6バットスティッフ

弾きとつかまりの良さで、スイングテンポの速いゴルファーに対応。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 63g 3.6 かため 標準
S
SR

●ヘッドスピード:40〜43m/s
●スイングテンポ:5〜7

クワッド7 バットスティッフ

■クワッド7バットスティッフ

グリップ側をしっかりとさせ、中央部から鋭いしなり戻りでつかまりやすさを向上。スイングテンポの速いゴルファーに対応。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 73g 2.9 かため かため
S 標準

●ヘッドスピード:43〜47m/s
●スイングテンポ:6〜8


クワッド5 バットスタンダード

■クワッド5バットスタンダード

ワッグル時にはシャフトのしなりを感じ、スイング時にはしっかりと感じる特性。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
SR 53g 4.3 標準 標準
R

●ヘッドスピード:37〜40m/s
●スイングテンポ:2〜4

クワッド6 バットスタンダード

■クワッド6バットスタンダード

癖のないしなやかさと弾きを両立。幅広いゴルファーに対応。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 63g 3.6 標準 標準
S
SR

●ヘッドスピード:40〜43m/s
●スイングテンポ:3〜5

クワッド7 バットスタンダード

■クワッド7バットスタンダード

Sフレックスは先のしなりを感じ、Xフレックスはつかまり過ぎを抑えた先端(チップ硬さ)設計。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 73g 2.9 標準 かため
S 標準

●ヘッドスピード:43〜47m/s
●スイングテンポ:4〜6


 

クワッド6 デュアルアクティブ

■クワッド6デュアルアクティブ

グリップ側のしなり量を増やすことにより、タメをつくりやすい設計。スイングテンポがゆったりとしたゴルファーに対応。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 63g 3.6 標準 標準
S
SR

●ヘッドスピード:40〜43m/s
●スイングテンポ:2〜3

クワッド7 デュアルアクティブ

■クワッド7デュアルアクティブ

スイングテンポがゆったりとしたハードヒッターに対応。スチールライクなしなりで、力強い弾道を生み出します。

硬さ シャフト重さ トルク BUTT硬さ TIP硬さ
X 73g 2.9 標準 標準
S

●ヘッドスピード:43〜47m/s
●スイングテンポ:3〜4


理想のシャフト選びは、ミズノのフィッティング店におまかせを。

もしあなたがスイングの速い人であっても、必ずしもヘッドスピードが速いとは限りません。ゴルファーのスイングは十人十色。

それだけに、たくさんのシャフトの中から自分にぴったりの1本を見つけるのは、なかなか難しいものです。

ミズノ認定のフィッターが常駐するお店では「シャフトオプティマイザー」と呼ばれる専用の計測機を使って、

一人ひとりに異なるスイングテンポやヘッドスピードなどを数値化。

皆さまのスイング特性に応じた最適のシャフト選びをお手伝いしています。シャフト選びに迷ったら、どうぞお近くのミズノフィッティング店へ。

ヘッドスピード

ヘッドスピード 写真

インパクト直前の
ヘッドの速さ

ヘッドスピード 数値

※数値は測定例です。

スイングテンポ

スイングテンポ 写真

トップでのシャフトの
たわみ量

スイングテンポ 数値

トゥダウン

トゥダウン 写真

インパクト直前のトゥダウン方向のシャフトたわみ量

トゥダウン 数値

前反り角

前反り角 写真

インパクト時にシャフトが前方向(飛球方向)に反る角度

前反り角 数値

しなりスピード

しなりスピード 写真

インパクト直前のシャフトの しなり戻りの速度

しなりスピード 数値

関連サイト

  • MIZUNO CLUB ORDER
  • MIZUNO FITTER'S


▲ページトップへ